ホーム > 1.クリムゾンベース > 10年ぶりに・・・

10年ぶりに・・・

ちょっとした事情でアーケード筐体でサターン版デスクリムゾンを動かすことになりました。
VABOX2というアップスキャンコンバーターを使ってS端子からの映像信号を31KのVGAに変換して
接続すると上手く表示できました。

続いて、バーチャガンをつないでブラストシティ筐体でプレイできるかと試そうとしたら・・・

な、な、なんと、バーチャガンがない。
引越しのときに捨ててしまったのでしょうか。
なんとバチあたりな。

エコールはいうなればサターン版デスクリムゾンのネタだけで生きながらえてきた様な会社、
その会社にバーチャガンが1つもないとはいったいどういうことでしょうか。
責任者を呼んで問い詰めたいところですが、自分で自分を問い詰めるわけにもいかず、
別の方法を模索することにしました。

ないものは買えばいいということで、アマゾンで探すと・・・

なんと、バーチャガンが10円で売っていました。
越前もびっくりすると思います。
いうなれば進化する銃のクリムゾンの身代わりみたいな銃が、
10円で売っているわけで、昔は数千円したものが10円ということは、
進化する銃は、価格面では大きく退化したということになります。
いや、今の世相を考えると、これが進化というのかもしれません。
ということで、図らずもクリムゾンが進化する銃だということを証明してしまいました。

早速、購入申し込みして、3日後・・・

来ました、来ました。
大きな箱が。

IMG_0482

開けると、なんと純正の段ボール箱まで付いているではないですか。

IMG_0484

取り出して、みると、10年ぶりのバーチャガン、懐かしいですね。

IMG_0485
それは10年前のことであった。
バーチャガンもって日本中イベントで回っていたときのことを少しだけ思い出しました。
MOMOさん、北村さん、生きてるかぁ

ということで、ブラストシティにつないで試してみると・・・
これが、ぜんぜんだめ、全くゲームになりません。

もともとデスクリムゾンは照準がアバウトで、敵に向かってホースで水を撒く要領で
適当に撃っていればあたるのですが、これは全くゲームになりません。

いろいろと調査すると、アップスキャンコンバーターを使用すると
ガンコンは使えないということが判りました。

ここで、またヤフオクの登場です。
ブラストシティは幸い15Kの信号も受けられます。
ということで、アップスキャンせず、もともと15KのS信号をそのままコネクタだけD-SUBに
変換して出力すれば大丈夫なはずです。
ということで、この結果は次回の記事で報告します。

これもすべて傭兵たちの楽園、クリムゾンベースの為です。

カテゴリー: 1.クリムゾンベース タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。
コメントを投稿するにはログインしてください。