ホーム > 3.[New]南へ・・・ > 南へ・・・虎門

南へ・・・虎門

以下、クルムシ二等兵(ク)、マナベ(マ)

ク「マナベ社長、東莞には砲台跡があるらしいですよ、エコールのスタッフなら
  立ち寄らないわけにはいかないでしょう」
マ「そりゃそうだ、で、それはどんなところだ・・・」
ク「虎門というところにある威遠砲台というところらしいです」
マ「そうか、では早速出発」

南城バスターミナルからバスに乗って出発します。
IMG_0377
ということで威遠砲台につきました。
入り口で、警備員にチケットもってこいといわれ、
チケット売り場へ・・・

IMG_0378

おねいさんに100元渡してチケットを売ってもらおうとすると、
売ってくれません。
新種の嫌がらせかなと思っていると、
後から並んでいる人が次々窓口に手を伸ばしてチケットを略奪
していくではないですか。

しばらく考えた末、100元札を回収してチケットを略奪することに。
そうして手に入れたチケットには免費ってしっかり書いてありました。
ただなら、入り口でチケットを回収しなければいいのに、
わざわざチケット売り場を作っておいて、そこでただのチケットを配って
それを入り口の兵士が回収するなんて、なかなか中国は奥が深いぜ・・・

砲台です。20門くらい並んでいました。
IMG_0379

途中の通路は友が島の砲台となんとなく似た感じはします。

IMG_0380IMG_0381

いつものくせで階段を探しましたが、ここにはめぼしい階段はありませんでした。

ク「なんか、ここっていまいちなんじゃないですか」
マ「たぶん、もうひとつあった別の砲台跡のほうがすごいんじゃないかな」
ク「いってみます?せっかくですから」
マ「めんどうだからやめておこう。どうも中国に来てから面倒という気分が
  頻繁に起きるが何でだろう」
ク「やっぱり、オタクの街じゃないからでしょう。われわれはオタクの世界でしか
  生きられない体になったのでしょう」
マ「では、このような全うな観光地はスルーして、海賊本とか売っている街に行こう」
ク「そうときまれば、いよいよマカオに突撃ですね」

ということで、虎門はとくにオチもなく静かに進行しました。

カテゴリー: 3.[New]南へ・・・ タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。
コメントを投稿するにはログインしてください。