ホーム > 3.[New]南へ・・・ > 南へ・・・狂乱の歓楽街

南へ・・・狂乱の歓楽街

IMG_0384

マカオにやってきました。マカオにやってきた目的は、

 ・「マカオのオカマ」という言葉が名古屋名物「エビフリャー」とか
 「ヒャーリャート」と同様の単なる語呂の問題なのかそれとも
 本当にオカマが盛んなのかを確認すること
・中国大陸のにわかお金持ちがマカオのカジノに来て、一プレイ50万円
 位の勝負をして、負けたら「アイヤー」っていうという伝説が真実か
 調査する。
・カジノで稼いで、マカオのホテルに泊まって、ずっと所持金を減らさないで
 何日間過ごせるかを調査する。

こんな感じで、マカオを乗り切ろうと思います。

バスで虎門を出発して2時間、珠海に戻り、国境のゲートを通過。
外国人用のレーンが2レーンしかなく、通過に1時間かかるといわれているゲート
ですが、今回はあっさりと30分で通過。どうやら曜日と時間を考えれば
特に混雑していないようです。

まずはホテルに到着
以下、レセプションのおねいさん(ネ)、マナベ(マ)

マ「チェックインしたいんですが、予約は入ってますか」
ネ「予約は入ってますけど申し込まれたデラックスルームが満室です。今回だけアップグレード
  してあげるから、当たり前と思わないでね」
マ「イエッサー。ということで、部屋はネットが使える部屋にしてくださいね」
ネ「オーマイガー、ネットが使える部屋はさらに上のクラスの部屋になります。追加で80HK$払ってね」
マ「しょうがないなぁ、1日でもネットが途切れると耐え難いネット禁断症状が起きて泡吹いて
  倒れますから」
ネ「それは重病ですね。倒れそうになったら20階のクリニックセンターに行ってくださいね」

そんな感じで、約900円追加で払って強制アップグレードされた部屋はどうかというと・・・
広い・・・、広い、めちゃめちゃ広い。2部屋もある。東京でとまる15平米の東横インとはぜんぜん違う。

IMG_0363IMG_0364

リビングだけでも10人は座れそう。
これは、いわゆるプチスイートというクラスかな。
これなら、デスイベント基準なら20人は入れそう。
これに一人で泊まるなんて、無駄無駄無駄

ということで、今日はあまり外出しないで、日本でお留守番中のアニッタ軍曹でもメッセンジャーで
からかって過ごすことにしよう。

その前にちょっと散歩・・・
グランドリスボアが完成していました。

IMG_0385

完全に構造力学を無視した、普通ありえない
ビルの上のほうが大きくなっている構造。
作った奴、マカオには絶対に地震が来ないとタカくくっているだろう、
その油断が命取りなんだよぉ、倒壊しても知らないからな

ベネチアンに行きました。

IMG_0391
ラスベガスよりさらに大きい気がしました。しかし、見ものの運河には余り人がいません。
どうやら中国の方は、文化施設よりカジノのほうに興味があるみたいですね。

誰も乗っていないゴンドラ。

IMG_0386
偉い人の石造があってみんなが拝んでいました。だれの像かわかってるのかな

IMG_0387
近くに行くと、足元にお金が・・・・

IMG_0388
日本と違って紙幣がおいていました。中国と日本の文化の違いを目の当たりにしました。

そして・・・・

夜の繁華街を探索しましたが、オカマはいませんでした。
ということで、1つ目の疑問、マカオのオカマは語呂だけの問題だった様です。
その後、セナド広場の有名店で牛乳プリンを食べました。旨い。
マカオ名物アンドリューのエッグタルトは旨いけど、甲子園のららぽーとにあるものと
同じ味でした。

次にグランドリスボアのカジノで2時間調査しました。
残念ながらカジノは撮影禁止なので写真はありません。

そして、いました。10000HK$(10万円くらい)のチップを10枚もつんでバカラを
やっている突発性金持ちの人がいらっしゃいます。
どうやら、1万円くらいから勝ち続けて、100万円くらいになったところで、
全部つぎ込んで大勝負です。
プレーヤーにかけた相乗りの人も息を呑んで見つめてます。

そしてカードがあけられます。慎重に端からめくって・・・

「アイヤー」
ついに聞けました。感動的なシーンです。はるばる日本から来てついに聞けました。
ありがとう、マカオのオカマ、ありがとう、クルムシ二等兵・・・

ただアイヤーを言ったのは、一番たくさんかけていた突発性金持ちの方ではなく
相乗りで3000円かけていた隣の人でした。突発性の人は呆然としていました。
結論。大負けするとアイヤーもいえなくなるくらいショックだからアイヤーは言わない

その後、アイヤーも聞けたので、機嫌よく大小「ターシャオ」をやりました。
サイコロを3つ投げて11より大きいか小さいかにかける簡単なルールです。
私は、難しいバカラとかは体質的に不向きなので、ターシャオ専門です。

台を転々としながら、確率によじれが発生している台を探します。
要するに、大が3回続いていれば、次も大の可能性が高い。
確率論的にはありえない話ですが、ターシャオの世界では普通にありえます。
中国文化は奥が深いぜ、普通の確率論なんかは吹っ飛んでしまう勢いがあります。

まあ、ちょっと考えると、混ぜ方がゆるくて、あまり混ざらずに前の目が連続して
出ているだけとも考えられますが・・・

ということで、結果です。

2日滞在で、ホテル代が6000円×2泊(安い!平日のマカオは安い)
ターシャオ1日目、15000円勝ち
ターシャオ2日目、20000円勝ち

食事代、400円×5回、ビール代200円×5回

ということで通算20000円の勝ち

このペースだと、ちまちまとターシャオをやりながらずっとマカオで住み続けることが
できる計算ですね。

そんな感じで、南へ・・・は

これで終了。

カテゴリー: 3.[New]南へ・・・ タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。
コメントを投稿するにはログインしてください。