ホーム > 3.[New]南へ・・・ > 南へ・・・大陸の街、東莞

南へ・・・大陸の街、東莞

南へ・・・2

二つ目の都市、東莞に向かいます。
バスで2時間、バスは高級感あふれる革張りシートの
3人がけ、新幹線のグリーン車より気持ちいいぞ。
IMG_0372
寝て起きたらもう東莞に到着、バスは車庫に入って運転手が
バスから降りるところでした。
もうちょっとで炎天下でバスに閉じ込められるところだったぜ、危ない危ない

ホテルは東莞賓館、古い中国のホテルで、広い敷地にゆったりと建物が
たっていて風流な感じだが、いつもの癖で藪の中にイノシシとか
隠れてないかつい探してしまうぜ。

部屋の掃除ができるまであと2分とおねいさんに言われたが
2分待つのも時間がもったいないので、昼食に出かける。

レストランで久しぶりにクルムシ二等兵が話しかけてくる。
IMG_0373
ク「きれいなレストランだけど、中国人でいっぱいですね」
マ「そうだな、20年位前に海外に行くと、どんな田舎に行っても
  一人くらい日本人がいたもんだが、最近は見かけで区別がつかないし
  そもそも日本人がいない気がする。日本語も聞こえないし」
ク「なんか、急に日本が恋しくなってきました、王将の餃子が食べたい・・・」
マ「なんだ、3日目なのにもう弱音をはくな。そうだいいことを考えた。ここで
  餃子2人前と白飯を頼んで餃子定食にしてやるから、それで我慢しろ」
ク「また、インチキですか。どうもエコールのインチキ体質はこういうところから
  来ているんですね」
マ「インチキじゃない、芸風と呼んでくれ。人のやらないことをいつも探すのが
  ライフワークじゃないか」

といっているまに餃子とご飯が到着。
IMG_0366

ク「見た目だいぶ違いますが・・・えびとかはいっているし」
マ「これはえび入り蒸し餃子と肉餃子だな、まあいいことにしてくれ」
ク「おお、これ食べるとうまいですよ。王将の餃子より味は薄いが上品な感じですね」
マ「なんか、普通の感想だな、まあ、王将の餃子がうまいといっている時点で、
  ゲーム業界の人間だということを証明しているようなものだ。普通の家庭では
  数回しか食べたことがないというのが多いらしい、われわれのように週に
  7回も王将に行くのは普通ではないらしい」
ク「そうなんですか、でも僕は毎日食べるなら王将でいいです」

マ「おお、いかん。しゃべっていると20分もたってしまった。さっさと部屋に行かなければ」

ということで東莞では町の見学をして回り、足裏マッサージにいってビール飲んで
帰って寝てしまいました。

東莞でわかったこと・・・
・タクシーの運転がうまい。中国はもともと車優先だが、よくまあそのスピードで
 歩行者がたくさんわたっている交差点に突入してもよく一人も轢かないですんでる
 そのことが驚き。どの運転手もそんな感じだが、毎日ずっとこれをやってると
 週に一人くらいは轢いてるんじゃないかと問い詰めたくなる。
・最近、日本人と中国人の区別がつかないくらい一部の中国人は洗練されてきている。日本人ピンチ
・焼き飯が安い、7元(約100円)しかも量が多い。
IMG_0376
 真剣に中国でゲーム製作をやろうかと考えてしまう。

まあそんなところで、東莞は終了

カテゴリー: 3.[New]南へ・・・ タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。
コメントを投稿するにはログインしてください。