ホーム > 4.イベント > デスジェタイレポート/2日目

デスジェタイレポート/2日目

一夜が明けて10月17日、「デスジェタイ」2日目が幕を開けました。

一夜をクリムゾンベース西宮(通称CBN)ですごした傭兵一団は朝8時にクリムゾンベースを出発。
天気は上々、幸先の良いスタート。

そして午前9時、伊丹駅改札口で当日参加の傭兵とも合流
といいたいが、多くの傭兵たちが遅刻。
戦場は時間厳守、もっと傭兵としての自覚をもたないと、敵軍につけ入れられ命を落とすぜぇ
遅刻した傭兵を無慈悲に見捨て、本体は出発。
今後はツイッターにて前線からの連絡をする予定。

目指すは伊丹駐屯地、目的は「中部方面隊方面50周年記念行事」への乱入。


伊丹駐屯地に到着。
まずは持ち物チェックを受け傭兵達が正規軍の施設内に侵入するが、この時点では普通の夏祭りと変わらない雰囲気。

敷地内に入ってすぐの所で金魚すくいに興じる自衛官らしき姿が、これも敵をかく乱する高度な戦術か・・・

これは?!ジェタイには不可欠なライトセーバーでは!

謎のスナップ、蛇を巻いたお兄さんです。
蛇を使った最新兵器を自衛隊が開発中か・・・

整理券の配布が終わっているにもかかわらず、
しつこく実物の前で戦車への試乗を交渉するマナベ社長。
残念ながら撃沈した模様。

黒光りが素敵なミサイルです。

これで打ち出します。

気合の入った言葉がつづられたノボリを発見!

なんだこの写真は?!

これは砲身(おそらく迫撃砲)の内部を撮ったもの
ちゃんとライフリングが切ってあるのがわかるでしょうか?

なんだかワクワクする表札

施設内の自動販売機は軒並み安い。
一般的な缶飲料は90円、アイスの自動販売機とかも用意されている。

施設内のガソリンスタンド
軽油、灯油、ガソリンの給油口がある、ちなみにハイオクは無い模様。

出番を待つ正規兵

行進を開始する正規兵

正規兵の行軍を尻目にゲームに興じる傭兵

ズラっと並ぶ軽装甲機動車

陸の王者、戦車。
実際に走る姿はやはり迫力満点です。

上から来るぞ!

5機の高射砲による空砲での射撃。

空砲とはいえその発射音はすさまじく、耳を塞いでいないと結構きついです。

最後は5機の一斉射撃で式典をしめていました。

舞い降りる戦闘ヘリ。

これを見る為に式典終了後も1時間くらい施設内に待機してました。

画像にも写っていますが砂埃がすさまじく、目を開けていられない状態です。

伊丹駐屯地を後にした傭兵一向は「伊丹昆虫館」へとやってきました。

入ってまず目に付く200倍の大きさのミツバチの模型。

パネルの操作で回転させられるのですが、その動きと形から
なんとなく巨大クリムゾンを連想させられます。

ここの目玉は蝶が一年中みられる温室なのですが
蝶は意外に苦手な人が多く、愛でると言うより逃げる人が多かった印象。

施設屋上に設置してあるソーラーパネル

昆虫館を1時間ほどで見て回り、施設出口で解散、イベントは無事終了となりました。

今年のエコールファンイベントは例年までのイベントとは少し手法をかえてみたのですが
順調に進行し、参加された方々にも楽しんでいただけたのではないかと思います。

今回のイベントで培ったノウハウを生かし、今後も楽しめる傭兵の集いを開催していく予定です。

次回のエコールファンイベントにご期待ください。

カテゴリー: 4.イベント タグ:
  1. えちぜん
    2011 年 3 月 19 日 06:17 | #1

    真鍋!エコール!生きてるかぁ?

  1. トラックバックはまだありません。
コメントを投稿するにはログインしてください。